今日も寝付けない…そんな人に効果テキメン不眠用サプリとは!?

私が長年苦しめられてきた不眠症。そんな長年の悩みに遂に決別できた方法をご紹介します!

*

マインドガードDXに含まれるクワンソウとは?

   

マインドガードDX30ccに1000mgも含まれている「クワンソウ」という謎の植物。

沖縄で採れる野菜だそうです。
なぜそんな野菜が大量に含まれているのか、クワンソウの効果を調べてみましょう。

クワンソウはこんな野菜!

クワンソウ

外見はオレンジの花が特徴的な、百合のような形をした野菜です。

寝トラん 寝姿沖縄ではニーブイグサとも呼ばれています。
ニーブイとは眠いという意味で、つまり眠れない時に食べる草という意味なんです。
昔から沖縄では良く眠れるようになる草として親しまれてきたようです。

最近の研究で、クワンソウにはオキシピナタニンという物質が多く含まれていることが明らかになりました。
オキシピナタニンはアミノ酸の1種であり、マウスやラットの実験において自然な鎮静効果があることがわかりました。
科学的にも眠り草の効果が実証されている訳ですね。

更に驚くことに、睡眠薬として用いられるベンゾジアゼピン系薬物は睡眠中に脳波が乱れることがあるのですが、クワンソウではそういった乱れは確認できず、まさに自然の眠りに導くことが分かったのです。
まさに薬に頼らず眠りたい人にぴったりじゃないですか!

マインドガードDXに含まれるクワンソウの量は規格外!

最初にマインドガードDX30ccには1000mgのクワンソウが配合されている、と書きましたが、これは他のサプリと比べてみても破格の量だったりします。

寝トラん3号 伸び例えば、楽天で人気のサプリ「ぐっすりんEX」。
これもクワンソウを利用したサプリを謳っていますが、こちらの配合量は100mgです。

他の睡眠サプリでも大半のものでクワンソウを使っていますが、大体30~100mgくらいの配合量なので、1000mgがいかに多いかが分かりますね。

 

実はマインドガードDXが効果が出やすいのは、このクワンソウの配合量の違いなのかもしれません。
そもそもクワンソウが不眠改善や快眠にピッタリの効果を持つので、これだけが配合されていれば不眠サプリとして成り立ってしまうのです(実際にクワンソウ茶というものもあったりします)。

 ではなぜ、クワンソウ以外の成分も含まれているの?

ではなぜ、他にも沢山の物がマインドガードDXには使われているのでしょうか?
それはクワンソウだけでは短期的な効果しかなく、長期的にも効果のあるものを作りたかったからだと私は思います。
クワンソウは確かに快眠効果があるようですが、「眠れない時に飲む」ということからもわかるように、その日の効果しかないようです。

寝トラん 走る対してノニなどから摂取するトリプトファンは、そこからセロトニン、メロトニンが体内で生成され、自然な眠りに導くというものなので、どうしても時間がかかります。
しかし、人本来の眠り方としてはトリプトファンを摂取して、メラトニンが正常に働き、眠るという流れが自然なので、長期的にはそこを目指す方が良いに決まっています。

クワンソウの快眠効果でなるべく早く効果が実感できるようにして、トリプトファンなどの摂取で長期的にも快眠できるような身体づくり目指す。

それががマインドガードDXを開発した人の思いだったのかもしれません。

 

 

マインドガードDX

休息サポート飲料「マインドガードDX」。
私が実際に飲んでみて不眠に効果があったサプリメントです。
ドリンクタイプのため、身体に吸収されやすく、効果が実感しやすいのがポイント!
不眠の方、睡眠の質に満足できない方などにおすすめです。

通販だけで5万本以上売れているその効果、
まずは1日227円の初回お試しで実感してみてはいかがでしょう。

マインドガード

 - 成分を調べてみた